福岡県福岡市早良区の胃腸肛門科なら | さわらぐち胃腸肛門クリニック

診療時間
9:00~12:30
14:00~18:00

当院はコミュニケーションを重視した
治療を心がけております

さわらぐち胃腸肛門クリニックは、消化器科、肛門科、外科、小児外科として開業いたしました。

当院では患者様が何に困っているのかを最も重視しています。
特に肛門、便秘に関する訴えは様々、人それぞれで、言葉では表現できないことさえあります。
また実際の医療現場ではともすれば本人の訴えより検査データを重視する傾向もあります。
本当に納得のいく治療、十分な説明とそれを本当に理解していただくことを一番に心がけているクリニックです。

風邪や熱などのほかにも、どの医療科で診てもらえばいいか分からない時など相談窓口としてでもお気軽
にご来院ください。

当院の治療・検査

  • 胃内視鏡検査
  • 胃内視鏡検査
  • 胃炎はもっとも身近な病気の一つです。また死亡率も減ってるとはいえまだまだ胃がんで亡くなる方も多く、定期的に受けるべき検査の一つです。当院ではあわせてピロリ菌の検査もお勧めしています。最近は胃カメラも細く柔らかくなっており、受けやすい検査になっています。
  • 大腸内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • 当院では、患者様の希望に応じ鎮静剤を使用し、ほとんど苦痛を感じることなく、大腸全体の検査を受けることが出来ます。
    また、専用の個室を設けることでリラックスした環境で前処置を行えるよう配慮しております。
  • 肛門疾患治療
  • 肛門疾患治療
  • いぼ痔やきれ痔など肛門の痛み、腫れや出血を伴う症状の検査・治療を行っております。良性なのか悪性なのかを診断することが重要です。出血などの症状があれば悪化する前に必ずご来院ください。
  • 便秘解消
  • 便秘解消
  • 当院では医学的に腸管や肛門の機能評価を行った上での治療を行っております。長年便秘でお困りの方や今までの治療がおもわしくない方は特に受診をお薦めいたします。また子供の便秘についてもご相談ください。

会議中や電車に乗っている時、
お腹の調子が悪くなってしまうのは「IBS」が原因かもしれません

「IBS」の正式名称は、「過敏性腸症候群」と言います。
腹痛や腹部不快感をともなう下痢や便秘などの症状を繰り返す疾患の事をいいます。

現代のストレス社会で急増している疾患の一つです。日本人の5~10人に1人がこの症状にかかっているとの報告もあります。また20~30代の若い年代に多くみられます。
脳と腸が密接な関係にあるため、脳が不安やストレスを感じることによって、腸への影響が現れます。 当院では食事療法・運動療法・薬物療法といった症状に合わせた治療を行っております。

IBSの原因対策はこちら

アクセスマップ

地下鉄空港線「藤崎」駅 徒歩約5分

PAGETOP